M&Aセミナー!経営者のための成長戦略・経営をテーマに各種セミナーを開催!

成約率が低い背景とは!?

M&Aは近年メディアでも取り上げられるキーワードなので、企業に携わる人にはよく知られている概念です。しかしながら、日本社会においてはまだまだM&Aは海外ほど行われていません。M&Aの成約率はおよそ2割程度しかないのです。これはM&Aの打診を受けても実際に成約するのは、その中の2割ということを意味します。この割合は海外と比較すると非常に低いです。その背景には、売り手の売却価格が高すぎることが挙げられます。買い手としては価格に見合った魅力があればM&Aに踏み切ることができるのですが、そこまでの展望が望めないというのが買い手の本音です。買い手としては経営戦略の一環として行っているので、利益につながらない場合はすぐに手を引いてしまいます。

M&A支援サービスがある!

M&Aは成約自体が難しいですが、M&A支援サービスを行っている企業がありますので、そのような会社を利用するといいでしょう。実はM&Aで会社を売却したいと考えている経営者は日本には数多く存在します。その理由はシナジー効果を求めて企業価値をさらに高めたいというものであったり、合併することで事業の再編を行いたいといった経営的なものがほとんどです。現状のまま事業展開できないという企業は数多くあります。そのような企業が、会社を存続させたり、発展させることができる可能性を秘めたM&Aを希望するのは当然です。もちろん、統合するには時間と手間がかかりますが、それだけのメリットもあります。M&Aは買い手が利益を高めるために行うと考えられがちですが、売り手も望むことなのです。是非、セミナーでM&Aの理解を深めましょう。