M&A?企業の合併・株買占の総称!

これがM&Aの基礎知識

M&Aは、merger & acquisition(日本語で合併と買収)の略称です。企業の組織のありかたを大きく変える経営手法のひとつになります。複数の企業をひとつの組織として再編成したり、相手企業の株式を購入する(または譲渡を受ける)ことでグループ企業として運営したりするのです。M&Aは、多くの場合、市場における存在感・競争力を高めるために行われます。ひとつの組織(グループ)になる企業は、お互いに足りないものを持っているのが通例です。足りないものとは、技術であったり、販売網(支店や流通手段)であったりします。これらはM&Aをしなくても独自に獲得することも可能です。しかしM&Aの手段を選ぶことで、金銭的・時間的なコストを抑えて自社を成長させることができます。

組織を存続させるためのM&A

M&Aは、自社を成長(強化)させるための手段として認識されがちです。たしかにそうした側面がありますが、吸収(買収)される企業の側から見ると、組織を存続させるためにM&Aを選ぶこともあります。社長が高齢になった中小企業では、次の社長を任せられる人材が育っていない場合があるのです。高齢の社長が経営を続けて、社長の身に万が一のことがあると組織が大きく混乱する可能性があります。そうなる前に、別企業にM&Aを打診するのです。この場合、相手も中小企業であることが多く、ひとつの組織になることで販売力や生産能力を維持しようとします。M&Aが成立しても、企業文化までひとつにするには時間がかかる傾向があるため、社長は長期的な視点で交渉を進める必要があります。